› RUSHの農業日記 › 奇跡のハーブ・マルンガイ

2011年06月17日

奇跡のハーブ・マルンガイ


こないだ苦戦してゲットした、たった7粒のマルンガイの種が1つだけ芽がでました。
何分栽培の資料がまったくないためうまく育つか心配ですが、ちょっと育ててみます。
ものすごく栄養価の高い植物で、沢山の効能があるそうです。

マルンガイ「モリンガ」の歴史
モリンガの原産地は北インドです。紀元前2500年ごろに、インド北西部でインダス文明が発祥し、文明の発展と共に東洋医学の基礎もできました。 昨今よく耳にするようになった「アーユルヴェーダ」ですが、サンスクリット語で、「アーユル=智恵、ヴェーダ=生活」の意味で、「心身共に健康な生活を送るための智恵」との理解ができます。
アーユルヴェーダは、ヒンズーの生活とともにあり、薬の芸術と言い伝えられ、その中で最も大切なことは「心身の浄化」だと記されています。そして、その中で特筆すべきは、「モリンガ葉は300の病気を防ぐことが出来る」と書いてあることです。また、聖書の中でも、モリンガの種子による水の浄化、殺菌作用をほのめかす文が記載されています。 それから何千年もの間に、その大きな価値を見出され周辺の亜熱帯地方から広がり、アフリカとインドネシア、フィリピンなどの国々まで行き着きましたが、沖縄には自生していません。
また、モリンガの種子は、古代ローマ、ギリシャ、エジプト文明では香水、肌の保護のために欠かせないオイルとして珍重されたといわれています。



Posted by RUSH at 10:03│Comments(2)
この記事へのコメント
神秘的なハーブですね!
聖書の記述にも興味が涌きます。
このまま元気に育つことを願います。
Posted by みゆまま at 2011年06月17日 12:23
ありがとうございます。
僕も噂でしか聞いたことなくて、食べたことがないんですが。
元気に育つことを祈ります。
Posted by RUSHRUSH at 2011年06月17日 19:13
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。